乾燥肌の人の洗顔料の選び方のポイント

乾燥肌は洗顔料選びの段階で苦労させられるものです。とりわけ老化が進行している40代以降の肌では洗顔料の刺激で乾燥がますます悪化してしまうリスクもあります。それだけに肌に負担をかけず乾燥を悪化させずに洗っていけるかどうかが選んでいく上での鍵となります。

乾燥肌の人が洗顔料を選ぶ時は、適度な洗浄力と吸着力の強い泡のものを選ぶ

40代乾燥肌洗顔料

そのためにもまず適度な洗浄力を備えているかどうかを見ておきましょう。現代人はどうしても清潔意識が過剰気味になってしまい、洗浄力が強すぎる洗顔料を使ってしまいがちです。この点は乾燥肌の方も例外ではなく、皮脂を根こそぎ除去してしまった結果皮脂膜がうまく形成されなくなり水分を保持する機能が損なわれてしまうことが多いのです。さらに乾燥肌の方はもともとバリア機能が低下していますから、刺激の強い洗顔料を使用することでダメージが蓄積してしまう問題点もあります。

 

適度な洗浄力の洗顔料を選ぶポイントは洗い終わった後に肌がつっぱり過ぎないこと、かゆみを感じないことがまず条件です。その上で合成界面活性剤や防腐剤といった肌に負担をかける恐れがある添加物が使用されていないものを選んでいきましょう。また吸着力に優れ肌に負担をかけずにしっかり汚れを落とせるクレイ(泥)や炭を洗浄成分に使用した製品もオススメです。

乾燥で肌が硬くなってしまっているので、毛穴の奥まで入り込む粒子が細かいものがおすすめ

40代乾燥肌洗顔料

それから毛穴の奥の汚れまでしっかり落とすことができるかどうか。乾燥肌は肌がカサカサに乾燥した影響で肌が固くなっており、毛穴も狭く細くなっているので奥に詰まった汚れが落としにくくなっています。そのためついゴシゴシと擦って肌に負担をかけてしまうケースが多いため、粒子が細かく泡立ちがよい洗顔料を選びましょう。細かい粒子が毛穴の奥にまでしっかりと入り込み、泡の吸着力で肌に負担をかけずにかきだすことができます

 

基本的には刺激はマイルドで負担をかけずに余分な皮脂だけをしっかり落としていくことができるかどうかがチェックポイントです。どれだけ肌に負担がかかるかは乾燥肌の状態によって異なりますから、最終的には実際に試してみたうえで自分なりに判断を下すようにしましょう