乾燥肌の人が乳液を選ぶ時のポイント

乾燥肌のスキンケアでは乳液が非常に重要な役割を担うことになります。美容液では補いきれなかった保湿効果を乳液で行っていく面もあるからです。

乳液の基本の役割は水分と美容成分が蒸発しないようにすること

40代乾燥肌乳液

もともと乳液はクリームとともに化粧水と美容液で補った水分と美容成分が失われないよう皮膚にフタをするのが目的です。とりわけ乾燥肌は水分を保つ機能が低下しているため水分が蒸発しやすく、乳液でフタをすることがスキンケアの効果と持続性を高める上で非常に大きな意味を持っています。しかし乾燥肌のケアを行っていく上ではこのフタをする効果だけでは不十分、プラスアルファの効果も視野に入れたうえで製品を選んでいくことが大事になってきます。

 

そのプラスアルファの効果でもっとも重要なのが保湿効果なのです。皮膚にフタをして水分が失われないようにすると同時に保湿成分を補うことで相乗効果を期待することができます。これこそ美容液では得られない乳液ならではの保湿効果です。そのためにも保湿成分が充実している乳液を選ぶようにしましょう。

乾燥肌の人が乳液を選ぶ時はセラミドを効果的に補える乳液を選ぶ

40代乾燥肌乳液

乾燥肌の方は角質層にもともと含まれているセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった成分が不足しています。これらをうまく補っていくのが保湿対策の大前提なのですが、これらの保湿成分の中でもセラミドは油溶性ということもあって乳液との相性がとてもよいという特徴を備えています。そのためいかに乳液でセラミドを効果的に補っていくことができるかが乾燥肌対策の鍵になるとも言われています。製品を比較検討していく際にはまずセラミドの含有量や浸透性をチェックしてみましょう。

 

それから油分と水分のバランス。通常乳液は油分が30パーセントほど含まれています。油分の含有量が多ければ多いほどフタをする効果が高くなる一方、ベタつきなど使い心地の問題が生じます。この点はクリームとの兼ね合いもありますから、あくまで不快感を感じない程度に使い続けられるかどうかを重視したうえで選んでいくことも忘れないようにしましょう。