乾燥肌の人がオールインワンを選ぶ時のポイント

オールインワン化粧品の魅力は1本でひと通りのスキンケアを済ませることができる点です。それだけに乾燥肌の方が選ぶ際にはこのメリットを最大限に得られるかどうかを踏まえて製品をチェックしていくことが必要です。

乾燥肌の人は保湿成分の中でもセラミドをしっかり補えるかを確認する

40代乾燥肌オールインワン

まずやはり保湿成分が充実しているかどうかを見てみましょう。乾燥肌対策にもっとも必要なのはセラミドです。細胞間脂質のこの成分が不足することで角質層の構造が乱れ、角質細胞同士の隙間から水分が蒸発してしまうため、スキンケア製品でしっかりと補っていく必要があるのです。オールインワン化粧品の場合、幅広い効果を得るために多彩な美容成分を配合しているものが多いのですがまず何よりもセラミドをしっかりと補うことができるかどうかをチェックしておきましょう。そのうえでコラーゲンやヒアルロン酸といった他の保湿成分も確認します。

 

それからターンオーバーを活性化させる効果。乾燥肌を改善するためには保湿成分を補うだけでなく、ターンオーバーを活性化させて古い肌と新しい健康な肌への入れ代わりを促すことも大事です。本来なら化粧水、美容液、乳液、クリームと製品ごとに保湿効果やターンオーバーの改善効果をうまく組み合わせてケアしていくのをオールインワン化粧品の場合は1本で行う必要があります。ですから保湿成分と併せてターンオーバーの活性化を促すビタミンC誘導体やレチノール、プラセンタエキスといった成分も忘れずにチェックしておきましょう。保湿対策用に開発されたオールインワン化粧品も増えていますがこのターンオーバーを活性化させる効果が備わっているとは限らないので注意したいところです。

乾燥肌の人にはあまりに多くの成分が入っていないオールインワンが望ましい

一方、化粧品はあまり多くの有効成分が含まれていると刺激が強くなってしまうという特徴もあります。オールインワン化粧品はとくに配合成分の種類が多くなるので注意が必要です。保湿とターンオーバーの活性化を重視しつつ、あまり多くの成分が使用されていないシンプルな製品を意識して選んでいきましょう。肌の悩みを抱えているとあれもこれもと効果が欲しくなってしまいますが、乾燥肌の方は本来の目的を見失わず、本当に必要な効果をしっかり得られるかどうかに専念して選んでいく意識が必要です。