乾燥肌の人は肌の老化が早いのでしょうか?

乾燥肌、とりわけ30代以降で乾燥の悩みを抱えている方は老化にも目を向けたうえでケアを行っていく必要があります。乾燥肌だと肌の老化が早く進行してしまうため、適切なケアを行っていかないとどんどん衰えが進んでしまうだけでなく乾燥対策の効果も思うように得ることができないからです。

 

そもそも乾燥肌と老化の間には密接な関わりがあります。30代を過ぎてから乾燥が気になり始める方が多いのも老化が深く関わっているからです。この両者の関係についてはまず老化が肌の保湿力を低下させていく点が第一。肌の保湿力は角質層に含まれているセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分が重要な役割を担っているのですが、これらの成分は30歳前後から含有量が減っていきます。そのため水分を保護する機能が低下してしまい、乾燥が加速していくのです。

肌が老化すると乾燥が進行し、乾燥が加速すると老化を助長してしまう

40代基礎化粧品乾燥肌乾燥と老化

それだけではありません。乾燥が老化を加速させてしまう面もあります。肌の保湿力はバリア機能の低下とも深く関わっており、乾燥が加速していくにつれて外部からの刺激から肌を保護するバリア機能も低下していきます。
これはセラミドの減少や皮脂の分泌量の低下などと関わっているのですが、その結果紫外線をはじめとした刺激に対して肌が敏感になり、それを保護するために活性酸素の生成量が増加していきます。活性酸素は外部からの刺激を撃退する働きを持っている一方、細胞を酸化させて老化を進めてしまう厄介な面も持ち合わせているのです。

 

ですから老化によって乾燥が進み、乾燥によってバリア機能が低下すると老化もどんどん進んでしまうという悪循環に陥ってしまうことにもなりかねません。そのため保湿対策ばかりを行っても十分ではなく、老化対策も並行して行っていかないと本当の意味でも乾燥肌ケアができないことになります。

 

スキンケア製品を選ぶ際にはこの乾燥と老化対策のバランスを考慮したうえでチェックしていくようにしましょう。化粧水や美容液などそれぞれの製品の組み合わせや相性も大事です。また老化対策に関しては生活習慣・食生活の改善など体の内面からのケアも必要ですから、乾燥肌ケアの一環としてうまく取り入れていきたいところです。