40代で使ってみたい人気フェイスクリームと口コミ体験談

ニッピコラーゲン スキンケア ジェル NMバランス

3種のコラーゲンで乾燥を根本ケア!肌を内側からふっくら持ち上げるブースター

ゼラチンをもっと肌当たり良くしたようなぷるんとしたテクスチャー。冷蔵保存なのでほどよく冷えていて火照った肌に待ってましたと言わんばかりにグングン浸透します。べた付くのかと思いきやサラッとした肌触りで。ふっくらと押し上げられるような感じで小じわがほぼ見当たらなくなってきました。

コラーゲン原料国内シェア1のニッピのコラーゲン美容クリームがリニューアル。通常の2倍の保湿力を持つ生コラーゲン、すみずみまで浸透するナノコラーゲンに加え、シミ・くすみの原因となる活性酵素を除去する「メディコラーゲン」も新たに配合しているのが特徴です。肌の保湿成分の減少などがもたらす乾燥小じわが気になり始めたら。
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
公式HPへニッピコラーゲン スキンケアクリームナノアルファ

ミューノアージュ アドバンスト リジュビネーションクリームEx

7種のペプチド配合!たるみ肌をピンとしたハリ肌に再生させるドクターズコスメ

アドバンストリジュビネーションクリーム

香りは特になく固めのクリームですが、肌にのせると溶けて馴染みます。ベタベタもないです。使い始めてから化粧ノリがよくなりました。そして気になっていたほうれい線ですが、ハリが出て自然にシワが伸ばされた感じで目立たなくなってきました。ただメイク直前は向いていないようで断然夜向けのクリームだと思います。

美容皮膚科医開発のハリ・弾力アップに着目したクリーム。ミューノアージュは角質細胞の隙間にある細胞間脂質のラメラ構造と同じ構造をしており有効成分が肌の内側までしっかり浸透するのが特徴です。さらに肌再生力をサポートする7種類の『ペプチド』を厳選して配合し、加齢とともに低下していく保湿力やコラーゲンの生産を高めます。香料や着色料などの添加物不使用なので刺激に敏感な40代におすすめです。
トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
ミューノアージュ アドバンスト リジュビネーションクリームEx

アスタリフト クリーム

3種のコラーゲンにローヤルゼリー・スクワラン配合のアスタリフトの美容クリーム

アスタリフト クリーム

保湿に期待して成分を調べたうえで購入しました。アスタキサンチン、リコピン、ヒアルロン酸、コラーゲンと保湿成分たっぷりです。感想としては、使用後すぐにもちっとしっとりした感触が味わえました。ふっくらしてきたのか頬の位置が高くなったように見えます。量が多めなのでなにげにコスパも優秀です。

40代以降に人気のアスタリフトの贅沢クリーム。コエンザイムQ10の1000倍ものパワーがあるといわれているアスタキサンチンと世界最小までナノ化したリコピンを配合しているのが特徴です。また3種類のコラーゲンがうるおいを閉じ込め、みずみずしいリフトアップさせたような肌を持続。たるみやしわで老けて見られがちな人に使ってみたいクリームです。
5日間お試しセット1000円・税抜
(先行美容液・化粧水・美容液・クリーム )

公式HPへ

ストレピア フェイスアップクリーム

40代以降のくすみ・黄ばみ・ハリ不足の原因糖化に働きかける美容クリーム

ストレピア フェイスアップクリーム

ダマスクローズの香りがとっても癒されます。すべりがいいので力を入れなくてもしっかり馴染んでマッサージもできました。まだ使い始めて1週間ほどしか経っていませんが、ツヤがでてきてパッと明るくなったように感じます。ベタつきもないので夏場など1年中ケアできるクリームだと思いました。1ヵ月後の変化が楽しみです。

肌にある余分な糖とタンパク質が結びつくことで起きる糖化。糖化が起きるとくすみ・黄ばみ・ハリ不足の原因になってしまいます。そこでストレピアは糖類となる美容成分は一切使わず、新発酵美容成分を配合することで糖化が進行しない肌へと整える特徴があります。さらにコラーゲン生成力を高めるナールスゲンやハリを与えるペプチドなども配合。加齢やストレスから糖化を引き起こしやすい40代からのクリームです。
4,500円・税別/定期コース初回1,800円(2回目以降2か月分7,200円)税別
公式HPへ

クラウンセルクリーム

ヒト型セラミド配合!美容サロンから生まれた究極の保湿クリーム

クリームがほどよく柔らかくて、無臭で使いやすい。保湿力にも満足しています。肌荒れに効果的なので、鼻の周りがカサカサしているときや、手荒れしたときの保湿にも使っています。肌そのものが丈夫になったようで少しくらいの刺激にも肌が荒れることがなくなりました。

セラミド配合高保湿クリーム。皮膚と同じ構造の「ヒト型セラミド」、細胞の状態を整えてくれる「γリノレン酸」などで角質層の細胞間脂質を整えてバリア機能を高めます。そのうえ、肌の奥に長くとどまるので、一日中うるおいを保つのが特徴です。肌が本来持っているバリア機能そのものを高めてくれるので、超乾燥肌・敏感肌で肌環境が乱れている方ほどオススメのクリームです。
5,200円・税別/定期初回1,300円(2回目以降4,111円)税別
公式HPへ

 

※@コスメや楽天レビューなどを参考に評価の高かったものを独自に選んでみました。掲載した口コミは各公式HPまたはレビューサイトから一部抜粋させて頂きました。また、価格やキャンペーン情報などは変更している場合がありますので公式サイトで最新の情報をご確認下さい。

 

ニッピコラーゲン スキンケア ジェル NMバランス 43歳

1.その時のあなたの肌の状態と悩み

ニッピコラーゲン

ボコボコした毛穴です。頬が特にひどいのですが、どんなに保湿を頑張ってもこの毛穴だけはどうにもなりませんでした。

 

2.その商品を選んだ理由

むやみやたらに保湿をするだけではもうだめだ、と思い根本的に肌を立て直せる何かいい方法はないかと考えていました。肌にもともと存在するコラーゲンをもっと増やせば内側からふっくらしてくるのかなと思い、コラーゲンの大手老舗メーカーの化粧品を選びました。

 

3.使った期間とテクスチャー・刺激、最初の印象

コラーゲンと聞くと、真っ先にゼラチンを思い起こすのですが、そんなゼラチンを緩く固めたようなテクスチャーです。つつくとぷるんと音を立てそうな。肌に充分足りてれば確かに肌はプルンプルンになりそうだな!と期待が高まりました。刺激的なものはありません。肌にもともと存在する成分だからでしょうか?

 

4.どんな風に使ったか・また工夫した点など

少し面倒なのですが基本的に冷蔵保存です。なので常温に出す時間を極力抑える努力をしました。風呂上りや朝の洗顔後は冷蔵庫に向かいその場でプッシュ。すぐしまいました。ここまで神経質にならなくてもいいとは思うのですが…最初は規定量だと物足りなさを感じます。余程潤いが足りていなかったのでしょうね。

 

5.どんな効果があったか(または無かった)、他の商品との違い、改善して欲しい点

しばらく使ってみて、毛穴は目に見るような変化はないものの、メイク乗りが全然違います。ファンデが毛穴に入り込んで汚く見えることがだいぶ減りました。メイクである程度カバーできるようになっただけ感謝です。もう少し長く使えば素肌でも気にならなくなるかもしれません。

40代のフェイスクリーム選びのポイントと注意点

フェイスクリームは化粧水、美容液に比べると地味な位置づけのアイテムですが、年齢を重ねるにつれてその重要性がアップしていきます。40代はそんなフェイスクリームの重要性がクローズアップされる時期といえるかもしれません。エイジングケアというとどうしても美白成分やエイジングケア成分を補う美容液に関心が集まってしまいがちですが、フェイスクリームの役割や有効性にも目を向けてみましょう。

40代は皮脂の分泌量が減少するのでファイスクリームで補う

40代のファイスクリーム

どうして40代になるとフェイスクリームの重要性が増すのか?その理由はやはり肌の乾燥の加速にあります。年齢を重ねると肌が乾燥しやすくなるのは有名ですが、その理由としてはよく角質層の保湿成分が減少する点が挙げられます。セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンの3大保湿成分の含有量は20代がピークで30代に入る頃から減少していきます。

 

それが加速するのが30代後半〜40代前半、そのためこの時期はシワやたるみといったトラブルが起こりやすくなるのです。

 

しかしもうひとつ忘れてはならないのが皮脂の分泌量の減少です。表皮で皮脂膜を形成する皮脂は保湿とバリア機能を維持する上で非常に重要な役割を担っています。この皮脂膜があるおかけで角質層内の水分が蒸発してしまうのを防ぎ、さらに紫外線や冷たい外気といった外部からの刺激から肌を保護することができるのです。

 

清潔意識が過剰気味な現代ではどうしても「皮脂=汚れ」のイメージが強く、皮脂の分泌量が減少するのはよいことではないか、と考えてしまいがちです。もともと分泌量が過剰気味な方が減るのはよいことかもしれませんが、加齢による分泌量の減少はたいてい肌の乾燥とバリア機能の低下の原因となります。

フェイスクリームではセラミド配合のものがおすすめ

40代のファイスクリーム

この点は洗顔のポイントとも深くかかわってくる問題で、除去すべきは余分な皮脂であって、皮脂膜に欠かせない必要な皮脂は残さなければならないのです。

 

では皮脂の分泌量が減ってしまい皮脂膜が正常に作られなくなってしまった場合にはどうすればよいのか?そこでフェイスクリームで油分を補うのです。皮脂が不足しているなら外から油分を補って表皮に油の膜を作るわけです。これが表皮にフタをする役割を果たして水分の蒸発と肌への負担を和らげる効果を発揮します。

 

ですからまず適度な油分を補えるかどうかを確認してみましょう。少なすぎると効果が得られませんし、多すぎるとベタつきや毛穴の詰まりの原因となってしまいます。あくまで自分の肌に合うかどうかがポイント、使い心地にも着目してチェックしましょう。

 

それからセラミドをはじめ有効成分を補うことができるかどうか。油溶性のセラミドは油分が多いクリームとの相性がよく、美容液よりもこちらで補ったほうが浸透しやすいといわれています。ほかにもレチノールやナイアシンなどのエイジングケア成分が補える製品もお勧めです。