40代のスキンケアは保湿と抗酸化がポイントのわけとは?

40代のスキンケアは保湿抗酸化がポイントとよく言われます。どうしてでしょうか?この年代になるとさまざまな肌トラブルを抱えやすくなるものです。30代前後が肌の曲がり角なら40代は2度目の曲がり角、とも言われます。それだけ肌の衰えが目立つようになる年齢なのです。

40代は保湿と抗酸化のバランスを考えて化粧品を選ぶことが大事

肌の衰えをもたらすのが活性酸素。紫外線のダメージなどで生成量が増えることで有名な酵素ですが、加齢によっても増えていき細胞を老化させていきます。それを防ぐのが抗酸化作用。これが40代のスキンケアにおいてもっとも重要なポイントといってよいでしょう。肌が衰えるとターンオーバーが乱れ、メラニン色素が排出しづらくなることで色素沈着を起こしてシミの原因になってしまいます。

 

それから保湿。肌の衰えによって活性酸素が増えるとともにコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドといった保湿成分が肌から失われていきます。その結果保水力が低下し、肌の潤いと弾力が低下してしまうのです。肌が乾燥すればカサつきが気になるようになりますし、シワが目立つようになります。さらに乾燥によってバリア機能が低下し、肌荒れや吹き出物といった肌トラブルを抱えやすい状態になってしまいます。

40代の肌トラブルを改善する再生力や修復力を保つ成分を補充する

こうして見ても40代のスキンケアは保湿と抗酸化がポイントとなることがわかります。肌トラブルを改善する再生力や修復力が維持することが何よりも重要になってくるからです。スキンケア製品を選ぶ際にもこの2つのポイントを踏まえたうえで比較検討していく必要があるのです。保湿なら失われつつあるコラーゲンヒアルロン酸セラミドの補充、抗酸化作用ならビタミンCやEフラボノイドコエンザイムQ10といった成分の摂取が望まれます。また、こうした成分をできるだけ効果的に肌に浸透させるための工夫が施された製品もエイジングケアには求められます。肌の衰えは有効成分の浸透力も低下させてしまっているからです。低分子化されたコラーゲンやヒアルロン酸、ビタミンC誘導体などが採用されている成分を意識して選んでいきましょう。