目尻の小ジワ・目元のタルミ予防の目元ケアの方法とは?

目尻の小ジワや目元のタルミができてしまうと一気に老けた印象を見る人に与えてしまいます。その対策が40代のエイジングケアの最大のテーマといってもよいでしょう。美しく見せるだけでなく、若々しさを維持するための目元ケア。若い頃とはまったく異なるアプローチが求められます。

40代の目元ケアの第一歩は悪循環を断つこと

目元ケア

では40代の上手な目元ケアについてみてみましょう。まず基本は「悪循環を断つ」ことです。この悪循環とは目元の悩みを隠すためにメイクを厚塗りし、それを落とすために刺激の強い洗顔料やクレンジングを使用してますます肌にダメージをもたらしてしまうパターンです。目元のダメージを隠すためますますメイクが厚塗りになって…この悪循環が状況を悪化させてしまうのです。目尻の小ジワと目元のたるみは隠そうとするのではなく改善を目指すこと、そして刺激を最小限に抑えることが大前提となります。これは目元の乾燥を防ぐうえでも重要なポイントです。

 

そのうえで日々の目元ケアをしっかりと行っていくことになります。どれだけ悩みを抱えているかにもよりますが、目元専用の美容液を用意するのがオススメです。目元は皮膚が薄く、とくに乾燥しやすい部分。そのため顔全体用の美容液では十分な効果が期待できないことも多いからです。

目元は繊細な部分、専用美容液での集中ケアを

専用の美容液を使用するにしろしないにしろ、重要なのは保湿成分。やはり乾燥を改善すること第一の目的です。加齢によって減少しているセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分を補うことで肌のハリを改善し、シワとタルミを改善することができます。この保湿対策さえしっかりできれば目元ケアは成功したも同然です。

 

ひとつだけ忘れずにおきたいのがケアをする際には強く擦らないこと。これは美容液だけでなく洗顔やクレンジングの際でも同様です。強く擦ると薄い皮膚がますますダメージを受けてしまいます。最悪血行障害が生じてクマやくすみが生じてしまうこともあるので気をつけましょう。できるだけ刺激を避け、保湿を心がけること。この2点を効果的に実践していける目元ケアの方法を自分なりに探していきましょう。