40代の効果的な紫外線対策とは?

紫外線対策は年齢を問わずスキンケアに欠かせないものですが、とくに40代になると紫外線によるダメージが直接肌トラブルに結びつくことが多いだけに細心の注意と万全の対策が求められます。化粧品選びの際にも紫外線効果がどれだけ備わっているかを意識した上で選んでいきたいところ。

40代ではメラニン色素が色素沈着を起こさないための対策も

40代の紫外線対策において注意しておきたいポイントがいくつかあります。まずシミ対策。紫外線の刺激によってメラニン色素が増加し、色素沈着を起こしてしまいます。そのため紫外線のダメージをできるだけ減らすことが第一なのですが、メラニン色素が色素沈着を起こさないための対策も大事なのです。

 

40代の衰えが進行している肌ではターンオーバーが乱れ、メラニン色素がなかなか排出されないまま沈着してしまうことが多いため、抗酸化対策も併せて行っていく必要があります。ビタミンCに代表される抗酸化作用が配合されたスキンケア製品を重視しましょう。

 

また、シミができてしまった場合には色素沈着を起こしてしまったメラニン色素を還元する作用を持つハイドロキノンなどの成分が配合された製品が有効ですが、肌への刺激が強いため、紫外線でダメージが生じた肌への使用には注意が必要です。同じようにピーリング効果を備えた洗顔料が人気ですが、こちらも40代の肌には刺激が強い場合があるので自分の肌の状態を踏まえながら使用できるかどうかを判断しましょう。

ハイドロキノン配合のものは効果が高い分刺激も強い

紫外線は夏場の日中だけでなく、冬場にも、あるいは曇り空でも降り注いでいます。そのため外出時に日焼け止めを使用するだけでなく、日ごろのスキンケアでもUVカット対策が求められます。UVカット効果を備えた化粧水や美容液を選びましょう。その際にはどの程度の効果があるのかも大事です。UVカット効果に関しては「PA値」と呼ばれる数値で表記されている場合が多く、「+」が多ければ多いほど高い紫外線対策効果が備わっています。ですから、外出時、行楽地へ出かけるとき、屋内で過ごす時などケースバイケースでスキンケア製品を使い分けることも有効な紫外線対策のひとつとなります。

 

保湿や抗酸化作用が40代のスキンケアの基本ですが、そもそもの原因となるメラニン色素の生成や肌の老化、乾燥をもたらす紫外線対策もスキンケア製品でしっかりと行っていきましょう。