年齢とともに肌質が変わってきた気がする?原因や対策は?

人間の体は年齢とともに変化していきます。肌も例外ではなく、思春期にはホルモンの影響で皮脂の分泌が過剰気味になってニキビのリスクが高まる一方、30代前後からは老化による衰えが見られることで乾燥やバリア機能の低下といった問題が出てくるようになります。

20代と40代の肌では水分を抱え込む力も変わってくる

年齢と肌質の変化

ですからスキンケアはあくまで年齢にあった形で行っていくことが大事です。「まだまだ若い」と30代になっても20代と同じケアを行っていると肌に過剰な負担をかけてしまい老化やトラブルを加速させてしまう恐れがあるからです。

 

人間の肌は基本的に年齢を重ねるにつれて乾燥していく傾向にあります。これは角質層に含まれているセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分の含有量が減少していくためです。これらの成分の含有量は20代がピークで30歳前後から衰えとともに減少していきます。その結果水分を抱え込む力が低下し、どんどん蒸発して失われていくようになるのです。

 

ですから20代と同じ量の水分と美容成分を補っても蒸発してしまうため効果が弱まってしまうこともあります

 

また肌のハリの低下も加齢がもたらす厄介な問題です。これは角質層の奥にある真皮層の変化が深く関わっており、繊維状のコラーゲンがエラスチンと一緒に網の目のように張り巡らされている状態が加齢による減少によって緩んでいくことで肌全体がたるみやすくなっていきます。

 

厄介なのは肌の乾燥とも深く関わっている点で、乾燥によるバリア機能の低下で紫外線のダメージが真皮層にまで達するとコラーゲンとエラスチンを破壊してしまい、ハリの低下を加速させてしまうのです。

保湿対策とバリア機能を維持することがエイジングケアのポイント

年齢と肌質の変化

乾燥とバリア機能に関してはもうひとつ、皮脂の分泌量が減少していく点も見逃せません。皮脂といえば汚れの代名詞、減少するのはよいことのようにも思えますが、実際には表皮に皮脂膜を形成し外部からの刺激から保護しつつ水分の蒸発を防ぐ役割を担っています。これが減少することで皮脂膜が十分に機能しなくなって乾燥とバリア機能の低下が進んでしまうのです。

 

ですからまず保湿対策で乾燥を防ぎ、バリア機能を維持することがエイジングケアのポイントとなります。そのうえで減少する真皮層のコラーゲンをプラセンタやビタミンC、レチノールといった生成を促す成分で補っていく。そして乳液やクリームで表皮に適度な油分を補い、表面を保護できる環境を維持する。

 

こうした加齢による肌質の変化にうまく対処し、トラブルができる要因をできるだけ防いでいくことで若々しく健康な肌を維持していくことができるのです。