ターンオーバーが乱れてると感じたら行いたいケアは?

ターンオーバーとは簡単に言えば皮膚の新陳代謝です。ですからその乱れは肌の不調だけでなく体全体の健康状態が深くかかわっているため、ターンオーバーが乱れていると感じたらスキンケアだけにとどまらない幅広いケアを心がける意識が必要です。

ターンオーバーの乱れを整えるためにも睡眠環境の改善が必要

ターンオーバー促進のケア

そもそもどうしてターンオーバーが乱れるのか?どうしても老化を意識してしまうためエイジングケアを一生懸命行いがちですが、年齢を重ねれば重ねるほどそれだけでは十分な効果が得られにくくなります。生活環境に何か問題を抱えていないか、よく見直すところから対策をはじめてみましょう。

 

まず睡眠不足や睡眠障害。睡眠中はターンオーバーがもっとも活発になるため、質の高い睡眠を確保できているかどうかが非常に重要なポイントになります。夜更かしや寝不足、不規則な睡眠環境などでターンオーバーを阻害するような環境になっていないでしょうか?ストレスや就寝前のスマホ、カフェイン、アルコールの飲みすぎなど睡眠の妨げになるような習慣を抱えていないでしょうか?

 

若い頃は少しくらい不規則な生活環境でも平気でしたが、年齢を重ねるにつれてそうした無理が肌トラブルの形となってあらわれやすくなっていきます。規則正しい睡眠を心がける、就寝前には心身のリラックスを心がける、心地よく眠れる寝具を用意するといった環境づくりを取り入れてみましょう

夜用美容液やクリームで就寝中のターンオーバーの活性化に相乗効果を

ターンオーバー促進のケア

それから栄養不足。皮膚の原材料となるたんぱく質やアミノ酸、皮膚が作られる過程をサポートするビタミンB群、皮膚や粘膜を正常に維持するビタミンA、血行を促すビタミンEといったビタミンが不足していないでしょうか?また現代の女性は貧血の原因となる鉄分やホルモン分泌に関与する亜鉛が不足がち、食生活の改善とともに必要に応じてサプリメントを取り入れるといったケアも検討してみましょう。

 

スキンケアではこうした対策も踏まえたうえで適切なケアの環境を考えていくことになります。プラセンタやEGFといったターンオーバーの活性化を促す成分が重要なのは言うまでもありませんが、コラーゲンの生成を促すビタミンC、レチノール、ナイアシン、老化を防ぐアスタキサンチン、コエンザイムQ10、ポリフェノールといった抗酸化成分もうまく取り入れていきましょう

 

さらに睡眠環境を改善したうえで就寝前に使用できる夜用の美容液、クリームを使用すれば就寝中のターンオーバーの活性化に相乗効果が期待できます。このようにスキンケアと生活環境の改善が相乗効果を発揮するようなケア環境を意識して築いていきたいところです。