40代のBBクリーム・CCクリームの選び方・使い方

40代がBBクリーム、CCクリームを選ぶ場合にはそれぞれの特徴を踏まえつつ自分にとって使い勝手がよいかどうかをよく検討したうえで判断していきましょう。

BBクリームの最大のメリットは抜群のカバー力

どちらも30代〜40代のエイジングケアに向いていることで注目を集めているアイテムですが、それぞれメリット・デメリットがあります。

 

BBクリームの最大のメリットは抜群のカバー力。ですからシミやくすみを隠したい方はカバー力を重視して選ぶのが原則です。

 

ただカバー力に優れている製品ほどテクスチャが重く、ベタつきや厚塗り感が出やすい難点もあります。

 

ナチュラルな仕上がりを重視したい方にはあまり向いていない面もあるだけにカバー力と仕上がりのどちらを重視するがひとつのポイントとなるでしょう。

 

自然な仕上がりにしたいけれどもカバー力もほしい場合にはできるだけテクスチャが軽めのものを選ぶのがよいでしょう。

 

もうひとつBBクリーム選びで注意したいのがカラーのバリエーションの少なさです。

 

40代になると急にトーンが暗くなる、肌が黄色くなるといった色調の問題が増えてきます。

 

明るい印象を引き立てるためにも自然に仕上げられるカラーが求められるわけですがBBクリームはバリエーションが少ない分向いている人とそうでない人がはっきりわかれる傾向もあります。

 

どうしても自分に合うカラーが見つからないという場合にはCCクリームの方を使いましょう。

CCクリームはカラーコントロール効果に優れているのが特徴

そのCCクリームはカラーコントロール効果に優れているのが最大の目的です。

 

カラーバリエーションも豊富なのでまず自分の肌色で違和感なく使えて自然に仕上げられるカラーを探してみましょう。

 

この段階でよいものを見つけることができれば選び方のポイントはほとんどクリアしたも同然です。

 

BBクリームに比べてテクスチャが軽いのでムラなく塗りやすく、ベタつきの不快感もない

 

しかもナチュラル感を引き出しやすい点があるため、トラブルをカバーするよりも全体を明るく演出したい場合に適しています。

 

シミやくすみがあまり気にならない方に向いているアイテムともいえるでしょう。

 

BBクリームはこれを使うだけでベースメイクを済ませる点が魅力です。

 

ですから乳液・化粧下地で紫外線対策を行ったうえで使えば紫外線対策も含めて基本的なケアとメイクを済ませることができるでしょう。

 

CCクリームに関してはカバー力の不足を補うためフェイスパウダーと併用するのがオススメです。

 

ファンデーションと併用する場合にも厚塗りにならないパウダータイプと合わせるとナチュラル感を損なうことなくトラブルをうまくカバーできます。