40代のフェイスマスク・シートマスクの選び方・使い方

30代後半〜40代に入るとスキンケアアイテムとしての存在感が増すのがフェイスマスク・シートマスクです。

フェイスマスク・シートマスクは肌に摩擦の刺激を与えることなく美容成分を補える

老化の影響で不足している成分を補うことができるうえに肌への負担も少ない、理想的なエイジングケアアイテムもいえる魅力を備えています。

 

何しろ美容液やクリームのように肌に摩擦の刺激を与えることなく美容成分を補うことができるのですかバリア機能が低下した年齢肌にはピッタリです。

 

ですからまず選ぶ際には肌にしっかりフィットしてまんべくなく美容成分を補うかどうかをチェックしておきましょう。

 

シートマスクは呼吸の必要から口や鼻の部分に穴が開いています。

 

この部分が顔にピッタリフィットしないとどうしても隙間ができて有効成分が浸透しにくくなってしまうのです。

 

そうなると美容効果が得られないだけでなく、美容液やクリームで補わなければならなくなるので摩擦の刺激がないメリットが失われてしまいます。

 

また隙間があるとそこからせっかく補った有効成分が蒸発して失われてしまう問題点もあります。

フィット感を重視した製品や補える美容成分などを選ぶポイントに

この点は自分の顔の形や大きさとの相性もあるので難しい部分もあるのですが、立体的な構造でフィット感を重視した製品の中から選んでみるとよいでしょう。

 

40代になると乾燥が原因で水分や有効成分が蒸発して失われやすい状態になるだけに非常に大事なポイントです。

 

それから補える有効成分の量。製品の中には美容液1本分の有効成分を補うことができることをセールスポイントにしているものもあります。

 

もちろん量が多ければ多いほどよいというわけではありませんが、せっかく使うのですからできるだけたくさんの有効成分を補えるものの方がよいでしょう。

 

有効成分に関してはセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンの保湿成分は大前提として、プラス自分が必要としている成分をあらかじめ決めた上でしっかり補える製品を選ぶのが基本です。

 

シミの悩みには美白成分、くすみにはEGFなどターンオーバーを活性化させる成分、肌荒れにはグリチルリチン酸ジカリウムなど抗炎症成分など。

 

補いたい有効成分の優先順位を付けておくと選びやすくなります。

 

あと注意したいのは頻繁に使いすぎないこと。基本的にシートマスク・フェイスマスクは毎日使うものではなく週に1〜2回くらいの頻度で使います。

 

効果を早く実感したいとばかりに頻繁に使ってしまうとかえって肌に疲れされて負担を蓄積させてしまうことになりかねません。

 

また製品に記載されている時間を超えて肌につけすぎているとかえってシートが水分を吸収してしまうこともあるのでこちらも注意したいところです。