40代の化粧下地の選び方・使い方

化粧下地はファンデーションをフィットさせ、カバー力を高めるとともに厚塗りを防ぐ重要な役割を担っているアイテムです。

化粧下地の基本的な役割に加えてエイジングケアへの役割も重視

ただ40代になったらこうした基本的な役割だけでなく、より幅広いスキンケア・エイジングケアへの役割も視野に入れたうえで製品を選んでいきたいところです。

 

化粧下地の有用性が注目されるようになったことでさまざまな役割を備えた製品が登場しています。

 

ベースメイクとしてだけでなくスキンケアの仕上げとしても使用できる製品も多く、40代になったらメイクのアイテムとしての視点だけでなくエイジングケアの視点からも製品をチェックしていくことが求められます。

 

まずUVカット効果を備えているかどうか。年齢を重ねるにつれて紫外線対策の重要性が高まる一方、日焼け止めがもたらす肌へのダメージが問題になってきます。

 

40代に入ったら日焼け止めに頼らない紫外線対策も取り入れていく必要も出てきますが、その際に化粧下地は重要な選択肢となります。

 

乳液とともに化粧下地で紫外線を防ぎつつ日焼け止めとうまく併用すれば肌への負担を避けつつダメージを防ぐことができるのです。

 

ポイントはあまり強い効果を備えているものではなく、日常生活で紫外線を防げる範囲内、SPF15〜20、PA++程度の製品を選ぶことです。

 

それだと買い物程度の外出なら日焼け止めを使う必要はありませんし、効果が高すぎて肌に負担がかかってしまうこともありません。

下地は指で一通り塗布したらスポンジで肌に馴染ませるのがポイント

それから保湿対策として利用できるか。さらにエイジング効果を備えているかどうかも40代の化粧下地選びの大事な点です。

 

加齢とともに減少していく保湿成分をいかにして補っていくことができるか、またターンオーバーの乱れや活性酸素の増加をどう防ぐことができるか。

 

紫外線対策だけでなくこうしたエイジングケアも化粧下地で行っていくことができれば美容液やクリームでの基本的なスキンケアではカバーしきれない部分を補いつつエイジングケア効果を高めていくことができるでしょう。

 

使い方ではムラなく塗付していくことが大前提。ファンデーションをしっかり肌にフィットさせるうえでも全体に均一に塗付していくことが求められます。

 

指で一通り塗布した後にスポンジでうまく肌に馴染ませるのがポイント。

 

またスキンケアの段階で保湿ケアをしっかり行っておくことで肌に馴染みやすく点も覚えておきたいとこです。

 

あまり乳液やクリームで油分を補いすぎると馴染みにくくなるので気をつけましょう。

 

ファンデーションと同じラインの製品を使うなどの工夫も取り入れてみたいところです。