40代のファンデーションの選び方・使い方

40代はファンデーション選びの基準を再検討する必要が出てくる時期です。

シミやシワと言ったトラブルをどれだけ抱えているかによって選ぶ基準も異なる

肌を美しく見せる、印象的に演出するためのアイテムからトラブルをカバーするためのアイテムへと役割が変化していく年代、さらに肌に負担をかけずに利用できるかどうか、効果だけではない部分にも着目する必要が出てくるからです。

 

そんな40代のファンデーション選びではシミやシワといったトラブルをどれだけ抱えているかによって基準がかなり異なってきます。

 

これは40代前半と後半でも大きく変わってくる部分でしょう。

 

トラブルが気になる場合にはうまく隠すことができるカバー力に優れた製品を選ぶ必要が出てきます。

 

ただ注意したいのはカバー力に優れているほどクレンジングで落とす際に肌に負担をかけてしまう点です。

 

30代まではパウダーファンデーションで問題なかったけど40代になったもっとカバー力があるリキッドファンデーションにしよう、と簡単に決めるわけには行かない部分があるわけです。

 

基本的に年齢肌には落としにくいリキッドファンデーション、クリームファンデーションは向いていないといわれますが、40代ではまだ絶対に避けたほうがよいという段階ではありません。

 

自分の肌質で問題なく使うことができればこれらのカバー力に優れたタイプを使うのもよい選択肢となります。
参照:乾燥肌におすすめのファンデーション

カバー力に優れたファンデーションはクレンジングの際に肌へ負担を掛けてしまう

最近ではテクスチャが軽めで落としやすいリキッドタイプ、クリームタイプの製品も出てきているので肌トラブルが気になる方はまずこうした製品から選んでみるとよいでしょう。

 

パウダーファンデーションは肌の刺激が気になる方に適しているだけでなく皮脂の分泌量が気になる方にも向いています。

 

基本的に年齢を重ねると皮脂の分泌量が減少していくものですが、過剰な洗顔で必要な皮脂まで除去してしまっている場合などは皮脂の分泌量が増加することがあります。

 

40代になると若い頃と同じ肌に合わない過剰なスキンケアが原因で水分と油分のバランスが崩れてしまうこともあるのでスキンケア環境を整えるとともにパウダーファンデーションで余計な皮脂をうまく吸収させて化粧崩れを防ぐ対策も取り入れていくとよいでしょう。

 

40代は老化が加速する時期といわれますが、50代、60代に比べればまだ若々しさが維持できる時期。

 

低刺激を重視するのはもちろんですがやはりファンデーションには若々しさを演出する効果もほしいもの。

 

ちょっと欲張ってカバー力と低刺激を両立できるような製品を探しつつ自分の肌や悩みに合った製品を見つけていきたいところです。