40代のフェイスパウダーの選び方・使い方

フェイスパウダーはベースメイクの仕上げに使うことでファンデーションのフィットさせ、効果を高めるのに役立つアイテムです。

肌のツヤを引き出す効果が期待できるフェイスパウダーを選びたい

とくに40代になるとファンデーションの肌への負担が気になりはじめるだけにフェイスパウダーとうまく併用してうまくメイクを仕上げていくことができるかが重要になってくるでしょう。

 

40代のフェイスパウダー選びではいくつかのポイントがあります。まず肌のツヤを引き出すことができるか。

 

老化の影響で肌のツヤが失われていく一方でリキッドファンデーションやクリームファンデーションなどツヤを出せるタイプのファンデーションが使いにくくなる年代です。

 

ツヤを引き出す効果が期待できるフェイスパウダーをまず探してみましょう。

 

まず肌に馴染みやすいか。フェイスパウダーはパウダーファンデーションよりもオイル分が少なくサラサラした感触が特徴です。

 

その分軽いテクスチャでナチュラルに仕上げられるのが魅力なのですが、その一方でツヤを引き出す効果はファンデーションに比べるとやや劣ります

 

それを補うためにはパウダーがどれだけ肌に馴染むが大事なポイントです。

 

パウダーが軽く肌に乗るだけでなく馴染んでツヤを引き出すことができるか。

 

パウダーの粒子が細かい、馴染ませるための特殊な処方を取り入れているといった点に着目してチェックしていきましょう。

美容成分や保湿成分が配合された製品も魅力的

美容成分が配合されている製品も魅力です。

 

化粧下地、ファンデーションではカバー力やカラーコントロールを重視し、フェイスパウダーで美容成分を補うといった役割分担をすることでメイクとスキンケアの両方をうまく行っていくことができます。

 

保湿成分が配合された製品なら肌そのもののツヤを引き出すとともにファンデーションがフィットしやすい肌環境をもたらすこともできるでしょう。

 

ひとつの製品で多彩なカラーを取り揃えたフェイスパウダーもあります。

 

これなら肌の色に合わせてカラーを使い分けることができますし、ハイライトやチークとして使用できるなど幅広い活用方法も可能です。

 

40代になると体調や疲労・ストレスの蓄積、さらにはホルモンバランスの影響などで肌のトーンや調子が変化しやすくなるもの、先週はピッタリだったアイテムは今週にはあまり合わないといったケースも出てきます。

 

そのたびにファンデーションを切り替えるのは大変ですが、多彩な色彩を備えたフェイスパウダーがあればその時々の肌の色に合わせてベースメイクを仕上げることができるでしょう。

 

選び方だけでなく使い方の面でも重要なポイントなるはずです。

 

こうしたポイントを踏まえたうえで自分の40代の肌にピッタリ合ったフェイスパウダーを使ってみましょう。