40代のコンシーラの選び方・使い方

シワやくすみなどのトラブルをうまくカバーしてくれるコンシーラーは40代に入る頃から重宝するアイテムです。

40代のコンシーラーは厚塗りにならないことことを重視したい

ただ40代のメイクでは単にトラブルを隠すだけでなく若々しさを演出することも大事ですから、自然に仕上げつつうまくトラブルを隠せるようコンシーラーを賢く活用していくことが大事です。

 

40代のコンシーラーの使い方のポイントは何よりも「厚塗りにならない」ことです。

 

ファンデーションはナチュラル感を意識して使っているのにコンシーラーで厚塗りになってしまっては元も子もありません。

 

そのためには伸ばしやすく厚塗りになりにくいスティックタイプがオススメです。シミなどにピンポイントで使いやすいですし、やや硬めのテクスチャなので厚塗りを避けることができます。

 

ただほうれい線など広い範囲のシワを隠したい場合にはリキッドタイプの方が適している場合もあるのでケースバイケースでよく考えたうえで判断したいところです。

 

自分が抱えている肌の悩みに合ったコンシーラーを選ぶことも大事です。

 

とくにカラーの選択が重要になってくるので基本的な部分を踏まえておきましょう。

 

シミをカバーしたい場合にはあまり明るすぎない色、ベージュ系統で肌よりも心持ち暗めの色を選ぶのがポイントです。

 

シミが気になるとどうしても明るい色を使いたくなるものですが、肌よりも明るいとピンポイントで使うだけに不自然さが際立ってしまう恐れがあります。

 

またスティックタイプよりもさらにピンポイントで使いやすいペンシルタイプを使うのもひとつの選択肢でしょう。

 

シミ専用のコンシーラーを用意する気があるかどうかでも判断が分かれそうです。

くすみ、クマ…カバーしたい肌悩みによっても選ぶカラーが異なってくる

一方くすみをカバーしたい場合には明るめのピンク系統がオススメです。こちらはシミとは逆に明るめの色を選ぶのがポイント。

 

くすみをカバーしつつ肌全体の色調を明るく見せるような使い方をしたいところです。

 

もうひとつ40代で増える厄介な悩みが目の下のクマ。こちらはさらに明るいオレンジ系がオススメです。

 

40代半ばくらいから肌のたるみで影ができる黒クマも増えてきます。

 

程よい色合いでクマをカバーできるコンシーラーをひとつ確保しておくと若々しさをメイクで演出していく上で非常に役立つでしょう。

 

目元の肌はツヤが失われやすいのでクリームタイプのコンシーラーでツヤを引き出すのもよい方法です。その際には厚塗りにならないよう十分気をつけましょう。

 

コンシーラーは塗って終わりではなくうまくぼかして自然に見せるのも大事なポイント。

 

狭い範囲に使う場合には指で、広い範囲ではスポンジを使ってぼかすテクニックも身に着けたいところ。

 

これは実際に使いながらコツを身につけていく部分なので試行錯誤を繰り返していきましょう。