40代のシャンプーの選び方・使い方

40代は抜け毛・薄毛が増えてくる時期です。

刺激の強いシャンプーは40代になると一気にトラブルの原因となってしまう恐れが

これは男性のAGA(男性型脱毛症)のような体質的・遺伝的な理由ではなく、老化をはじめとした頭皮環境の変化が深くかかわっているため、これまでのシャンプー環境を改めることが対策の重要な鍵となります。

 

ですから30代までとはシャンプーに対するアプローチそのものを変えて清潔を維持するだけでなく頭皮・毛髪環境を維持・改善することも意識するようにしましょう。

 

となると現在使っているシャンプーと頭皮・毛髪の環境をよく踏まえたうえで何か問題がないかどうか、もっと年齢にあったシャンプー環境に改めたほうがよいかを検討することがまず第一です。

 

最初にチェックしておきたいのがシャンプーの刺激です。

 

清潔意識が強く汚れを落とすことを最優先にしてシャンプーを選んでいるとどうしても洗浄力だけでなく肌への刺激も強い製品を選んでしまいがちです。

 

30代までは特に問題を感じていない場合でも老化と乾燥によるバリア機能の低下が加速する40代になると一気にトラブルの原因を作ってしまう恐れがあるのです。

 

シャンプーを終えた後に頭皮に突っ張り感がないか、頭皮の色が赤みを帯びていないかチェックしてみましょう。

 

突っ張り感があるなら洗浄力が強すぎて必要な皮脂まで除去してしまっている可能性が大、赤みを帯びていたら血行不良が進行している証拠です。

 

こうしたシャンプー環境を踏まえた上で自分にあった製品を選んでいきます。

アミノ酸シャンプー、育毛成分が配合されているシャンプーがオススメ

よりマイルドで頭皮への負担が少ないシャンプーが必要ならアミノ酸シャンプーがオススメです。

 

洗浄力はやや弱めで最初のうちは洗いあがりに物足りなさを感じることもありますが、それは皮脂を落としすぎたことでさっぱり感が強かったこれまでのシャンプーの影響です。

 

40代になったら洗いあがりはさっぱり感よりもしっとり感を重視するようにしましょう。

 

血行不良や抜け毛が気になる場合には育毛成分が配合されているシャンプーがオススメです。

 

ビタミンEやセンブリエキス、アーチチョーク葉エキスなどの成分がよく配合されているので製品ごとに配合成分とその効果をチェックしてみるとよいでしょう。

 

使い方に関しては指でゴシゴシ強く擦らないようにするのが大前提。

 

そのうえで事前にお湯でよく洗い流すプレシャンプーを取り入れてみましょう。

 

この段階で汚れの70パーセント程度は落ちるといわれており、その分シャンプーの負担を軽減することができます。

 

あとはシャンプーの成分が残らないようすすぎをしっかり行うのも忘れないように、朝シャンプーをしている方はとくに時間の都合ですすぎが不十分になりがちです。