40代の白髪染め・ヘアカラーの選び方・使い方

40代は白髪が目立ち始める時期、白髪染め・ヘアカラーで目立たなくしたいという人も多いでしょう。

白髪ではない周囲の髪の毛と違和感なく仕上げられるかどうかが重要

ただ白髪染めは黒く染まりすぎる、ベッタリして不自然になるといった悩みもありますし、ヘアカラーでは思うように染まらないという難点もあります。

 

さらにおしゃれの観点から黒く染めるだけでなくカラーリングも楽しみたいという方も多いはず。

 

40代の白髪対策は白髪を染めるだけではないさまざまな視点からの製品選びが求められます。

 

まずしっかり染まるかどうかが大前提。

 

40代ではそれほど白髪の数は多くないでしょうからあまり神経質に考える必要はなく、自然に仕上げられるかどうかを重視しても大丈夫でしょう。

 

むしろ白髪ではない周囲の髪の毛と違和感なく仕上げられるかどうかの方が重要です。

 

カラーの種類も基本的なものは頭に入れておきたいところです。

 

ナチュラルなブラウン、濃いダークブラウンといった基本的なカラーのほか、ベージュ系のブラウン、グリーン系のマット、明るめのゴールド、明るさと温かみを備えたオレンジ、派手さを抑えつつツヤを引き出すレッド、華やかな印象を引き立てるパープル…

 

どんなイメージで髪を染めたいのかを踏まえたうえで比較検討していきたいところです。

 

ドラッグストアに行けばそれこそたくさんのカラーの選択肢がありますから、そこで迷わないよう、基本的なカラーの特徴は知っておきましょう。

白髪染め、ヘアカラー、ヘアマニキュアの順番で落ちやすくなっている

長持ちするかどうかも大事な点です。基本的に白髪染めがもっとも長持ちし、ヘアカラー、ヘアマニキュアの順番で落ちやすくなっていきます。

 

白髪を染める場合にはできるだけ長持ちするほうがよいですが、あくまでファッション感覚で染める場合には手軽に染められるヘアカラー、ヘアマニキュアの方が適しています。

 

この点も自分がどんな目的で髪の毛を染めようとしているのかに合わせて判断することになるでしょう。

 

もうひとつ重要なのがもともとの髪の毛の色に合わせてカラーを選ぶことです。

 

これは使い方ともかかわってくる大事な点です。

 

年齢を重ねると毛髪が細くなりハリやコシが失われていきます。

 

そうなると染まりやすくなるため、白髪染めやヘアカラーを使う際にあまり長時間毛髪に付けたままでいると染まりすぎて不自然になってしまう恐れがあります。

 

とくに白髪染めでは注意したい部分です。

 

また細めの毛髪のは染めると黄みが強くなる傾向があるのでヘアカラーを使う際には意識しておきたい部分です。

 

白髪染めとおしゃれのバランス、毛髪のハリや腰の低下…40代の白髪染め・ヘアカラー選びはこうしたいろいろな観点を踏まえた上で適したものを選んでいく難しさがあるともいえそうです。