40代の化粧水の選び方とは?

化粧水はスキンケアの基本となるだけに自分にあったものを選ぶことが大事です。とくに40代の肌では肌の若々しさを維持する対策と、すでに生じてしまっている肌トラブルの改善を行っていく必要があるだけに化粧水選びが重要な意味を持ちます(※参照:40代で使ってみたい化粧水)。

40代の肌への刺激と負担が少ない化粧水を選ぶことが基本

では40代における化粧水選びではどういった点を踏まえておくとよいのでしょうか。まず基本的な点として踏まえておきたいのが肌への負担。肌の老化や乾燥によって刺激に敏感な状態になってしまっていますから、できるだけ刺激と負担が少ないものを選ぶのがポイント。手軽に使用できる拭き取り型は擦る際に肌に負担が生じるので注意が必要です。乾燥が気になる人は避けたほうがよいでしょう。それからアルコールが含まれた化粧水も避けたほうが無難です。

 

そして保湿効果を最優先に考えること。化粧水というと毛穴を引き締める収れん効果を備えた製品が人気ですが、40代のエイジングケアでは保湿効果を最優先に考えるべきです。理由は2つ。まず洗顔後で肌から水分が蒸発しやすい状態にあるためすぐにカバーする必要があること、また洗顔で皮脂を落としすぎてしまっている場合が多く、水分保持能力が低下してしまっている可能性があること。もちろん、老化による保水力の低下を補う点も忘れてはなりません。ヒアルロン酸コラーゲンセラミドといった定番の保湿成分が配合されたものを選びます。

毛穴の引き締めよりも保湿を優先させる

40代になるとどうしてもシミの悩みを抱えるようになります。その対策にも化粧水をうまく役立てたいもの。シミ対策では美白成分を配合した成分を重視しましょう。ビタミンCプラセンタエキスのように肌のターンオーバーを活性化させてメラニン色素の排出を促す成分のほか、メラニン色素の生成を抑制したり還元作用を持つハイドロキノントラネキサム酸などの成分もオススメです。ただし、ハイドロキノンは優れた美白効果を備えている一方、肌への刺激が強いため使用には注意が必要です。もし肌がピリピリするなどの違和感を感じたらすぐに使用を中止しましょう。

 

あとは価格。40代のスキンケアでは化粧水を惜しまずにたくさん使用することが求められます。そのため「もったいない」と感じずに使用できる価格帯内の製品を選ぶことも踏まえておきたいポイントとなるのです。

40代で使ってみたい人気化粧水と口コミ体験談