40代の洗顔料の選び方とは?

スキンケアの第一歩は洗顔です。しかしこの洗顔の段階でやり方を間違えてしまっている人も多いのです。若い頃は大きな問題にならないのですが、30代以降になると誤った洗顔や洗顔料選びが肌トラブルをもたらすケースが増えてきます。40代になるとそれが顕著になります(※参照:40代で使ってみたい洗顔料

余分な皮脂のみを落として40代の肌に負担をかけない洗顔料を選ぶ!

ですから洗顔料選びではまず肌に合ったものを選ぶところからはじめます。現代人はとくに清潔意識が過剰なため、強すぎる洗浄成分が配合された製品を選んでしまいがちです。その結果肌の水分やバリア機能の維持に必要な皮脂までも除去してしまい乾燥が加速してしまったり、肌にダメージを与えてしまうのです。40代はただでさえ乾燥が加速していきますから、そこへこの問題がプラスするとますます肌に負担がかかりやすい状態になってしまいます。あくまで余分な皮脂や汚れを除去し、肌に余計な負担をかけない洗顔料を選ぶことが第一なのです。

 

そうなると注意が必要となるのが洗浄力と低刺激のバランス。低刺激ながらも汚れはしっかりと落としてくれる洗顔料が求められます。40代にオススメなのがアミノ酸系の洗浄成分を使用している製品。シャンプーでおなじみのアミノ酸系ですが、必要な皮脂を残しつつ汚れをしっかり落としてくれる優れた洗浄成分です。洗顔後のツッパリ感を感じている人はアミノ酸系の洗顔料に切り替えてみるとよいでしょう。
参照:洗顔料の選び方

シミやくすみには美白成分やピーリング成分が配合のものも

このように低刺激が大前提なのですが、シミやくすみに悩まされている場合にはそれを解消するための洗顔料選びも考慮しましょう。美白成分やピーリング成分が配合された洗顔料です。シミの原因となるメラニン色素を還元したり、色素沈着を起こした肌を剥がすことで肌トラブルの解消に役立ってくれます。ただ刺激が強いため、肌の健康状態を踏まえつつ使用が可能かどうかを慎重に見極める必要があります。使用後の化粧水や美容液での保湿もポイントとなるでしょう。

 

基本は低刺激で、しかし抱えている肌トラブルに応じて必要な効果を備えた洗顔料を使用する。これが40代の洗顔料選びの基本です。