くすみにも種類がある?それぞれの原因と対策を知りたい

40代を過ぎる頃から増えてくるのがくすみの悩み。なんとなく血色が悪い、肌の透明感が失われてしまうことで老けた印象を与えてしまうようになります。これを防ぎ、改善するためには原因をしっかりと把握しておくことが大事です。

自分のくすみの原因に合った対策をしないと、逆効果になることもある

40代基礎化粧品くすみ対策

じつはくすみの種類はひとつではなく、それぞれ異なる原因から生じます。ですからその点を見極めないでいると見当違いの対策を行ってしまう恐れがあります。

 

40代によく見られるくすみの代表格がメラニン色素の沈着によるものです。茶褐色のメラニン色素が角質層に沈着を起こすことで肌が茶色味を帯びるのが特徴です。このメラニン色素の沈着はシミと同じメカニズムですが、くすみの方が広範囲にできます。紫外線や誤ったスキンケアなどによって肌に刺激が加わるとメラニン色素が増加するほか、ターンオーバーが乱れていると生成されたメラニン色素が排出されずに沈着を起こしやすくなります。そのため肌質にあった適切なスキンケアが対策の一番のポイントです。

 

それから目の下に良く見られるのが青黒くなる血行不良によるむくみです。目の下のクマと一緒できることが多く、老けて見られるだけでなく不健康な印象も与えてしまいます。血行が滞ると血液中のヘモグロビンの濃度が低下し、赤身が失われるのが原因です。目の下にできやすいのはこの部分の皮膚が薄く、血液が透けて見えるからです。この場合、スキンケア製品による対策だけでなく食生活や睡眠環境の改善、マッサージといった血行を改善するための対策も求められます。

体内の糖質による糖化もくすみの原因になる

40代基礎化粧品くすみ対策

もうひとつ、40代になると増えてくるのが糖化によるくすみです。これは老化によって体内の余った糖質がたんぱく質と結びつくことによって生じるもので、その結果生成されるAGEsという黄褐色を帯びた物質が肌に蓄積することで黄色味を帯びたくすみができるようになります。さらにコラーゲンの働きを低下させハリや弾力を失わせたり、動脈硬化や糖尿病といった生活習慣病の原因にもなります。こちらは糖分の過剰摂取を防ぎつつ、抗酸化成分で老化を防ぐ対策が重要な対策となります。くすみの種類と原因に合わせて必要な対策方法を適切な行っていくよう心がけたいところです。