40代で増える肝斑、普通のシミと何が違うの?

肝斑はシミの一種で30代後半から40代にかけて増加します。このシミは老人性色素斑に代表される一般的なシミとはいくつかの点で異なる特徴を持っており、できてしまった際にはその特徴に合わせた対策方法が求められます。

普通のシミと違い、ぼんやりとしているので境界線が分かりづらい

40代基礎化粧品肝斑とシミ

まず普通のシミとの大きな違いは発生する場所です。大半のケースでは目の下の頬にでき、しかも左右対称にできるのが特徴となっています。またくっきりとできることが多いシミに対してひとつひとつがボンヤリしており、その代わり広範囲にできる傾向が見られます。そのため肝斑ができている部分とできていない部分の境界線がわかりづらく、どの範囲まで問題が生じているのが判断が難しいのも厄介な点です。

 

そして決定的な違いといわれているのが発生する原因です。まだそのメカニズムに関しては十分に解明されていない段階ですが、女性ホルモンとの間に深い関係があることが確実視されています。普通のシミはおもに紫外線のダメージと老化によるターンオーバーの乱れが原因でできますが、肝斑の場合はそうした問題を抱えておらず、紫外線対策をしっかり行っているにもかかわらずできてしまうケースも見られるのです。なお、女性ホルモンとの関係についてはピルを服用するとできるケースが多い点も指摘されています。

 

30代〜40代後半にかけて増えるのは老化の進行などの影響でホルモンバランスが乱れやすいからだというのが有力な意見です。なお、紫外線がまったく無関係というわけではなく、肝斑が紫外線を浴びると悪化するのでこの点も踏まえておきたいところです。

普通のシミとは違う対策が必要になる

40代基礎化粧品肝斑とシミ

こうした事情から治療・対策でも普通のシミとは異なるアプローチが求められます。医療機関で広く用いられているのがトラネキサム酸です。現在では美白成分としてスキンケア製品に配合される機会も増えていますが、医療機関では内服薬の形で処方されることが多いようです。またレーザーによる治療を行っている医療機関もあります。

 

このように、肝斑は紫外線対策、シミ対策をしっかり行っていてもできてしまうことがあります。スキンケアだけでなく、ホルモンバランスを乱すような生活習慣や健康状態にも注意した上で日々を過ごすことが予防の鍵となるでしょう。