40代の肌に負担をかけない正しい紫外線対策の仕方とは?

紫外線対策は年齢に関わらずスキンケアの大前提です。紫外線のダメージを受けるとメラニン色素が増加しシミ・くすみの原因となるほか、活性酸素の増加を促すことで老化を進めてしまう原因にもなります。さらに真皮層で肌を支えているコラーゲンを破壊してしまうことでたるみや深いシワを引き起こすこともあります。

40代の肌に紫外線対策効果が高いものはかえって肌に負担を与えかねない

40代基礎化粧品紫外線対策

しかしそんな紫外線対策そのものが肌に負担をかけてしまう恐れもあります。基本的に日焼け止めは効果が高ければ高いほど肌への刺激が大きくなります。40代のバリア機能が低下した肌に強すぎる日焼け止めを使用してしまうとかえって悪影響を及ぼしてしまう恐れもあるのです。

 

そんな40代の肌に負担をかけない正しい紫外線対策のポイントはまず状況に併せて適切な日焼け止めを使用することです。買い物など日常的な外出の際に必要なUVカット効果と長時間の外出やレジャーの際に必要なUVカット効果では違いが見られます。ひとつの日焼け止めで済ませずケースバイケースで最適なものを選ぶことが重要です。一般的には普段使いならPA++、SPF15〜20程度、レジャーの場合はPA+++以上、SPF30〜50くらいが目安となります。

紫外線吸収剤ではなく、拡散剤が使われているものを選ぶ

40代基礎化粧品紫外線対策

それから日焼け止めの種類。優れたUVカット効果を備えた日焼け止めには「紫外線吸収剤」という化学物質がよく使用されています。これは肌に浴びた紫外線を化学反応を起こすことで吸収する作用を持っているのですが、優れたUVカットを備えている一方、この化学反応の際にエネルギーを副産物として生み出すため肌に負担をかけやすい難点も抱えています。できればこの紫外線吸収剤ではなくより負担が少ない紫外線拡散剤が使用されている製品を使用しましょう。この点もやはりケースバイケースに合わせた選択が重要です。

 

もうひとつ、40代になったら日焼け止めに頼らない対策に重点を傾けていきましょう。帽子、サンバイザー、ロング丈の手袋、日傘など直接日差しをさえぎることができるアイテムが役立ちます。オシャレという点ではちょっと難があるアイテムも多いのですが、40代になったら紫外線対策とファッションのバランスをうまくとっていくのも女性のたしなみとなるでしょう。