朝と夜ではスキンケアのやり方を変えた方がいいの?

スキンケアをうまく行っていくポイントは肌環境に併せてケースバイケースにやり方を適応させていくことです。年齢ごと、季節ごとのケアもそうですが、一日の時間帯によるやり方の調節も重要です。

朝と夜ではその後の過ごし方が異なるので、それに合わせたケアをする必要がある

40代基礎化粧品朝と夜のスキンケア

その中でも大事なのが朝と夜のスキンケアの使い分けです。時間帯の違いだけでなく、ケア後の過ごし方においても大きな違いがあるため、それにあったやり方を行う必要があるのです。

 

朝の最大のポイントはその後日中を過ごすことです。外出して外気や紫外線に晒す機械も出てきますし、皮脂の分泌量の増加による化粧崩れ、逆に乾燥が進んでしまうといったケースも考えられます。ですから肌の調子をしっかりと整えるとともに効果が長時間維持できることを前提にしたケアが求められます。肌が敏感な方やアレルギー体質の方は花粉やPM2.5などの影響も気になりますからそれに備えた対策も必要でしょう。

 

また朝はメイクを入念に行うことになること、紫外線対策のために日焼け止めを使用する機会が出てくることからできるだけ肌に負荷をかけないケアが求められます。ファンデーションの前に化粧下地を使用する、紫外線対策は日焼け止めに頼らず美容液や乳液・クリーム、化粧下地でも意識して行っていくなどの工夫が必要です。

夜は肌を休ませつつ有効成分を浸透させる必要がある

40代基礎化粧品朝と夜のスキンケア

一方夜は肌を休ませるとともに睡眠中に栄養分をしっかりと浸透させるのが最大のポイントとなります。メイク落としでしっかり落とした後に美容液でしっかりと有効成分を補いましょう。そのためにも自分の肌がどんな問題を抱えているのか、そのためにはどんな成分を補うと効果が期待できるのかといった点をしっかり把握しておくことも大事です。就寝前のパックなどもうまく活用し、日中の肌への負担をしっかりケアしたうえで就寝するスキンケア習慣をつけたいところです

 

また夜はターンオーバーがもっとも活発になる時間帯です。そのためビタミンC誘導体やレチノールといったコラーゲンの生成を促す成分やEGF、FGF、プラセンタエキスのように皮膚細胞の活動を活性化する成分を意識して補うと高い効果が期待できるのでオススメです。