炭酸水ってどんな風に肌にいいの?使い方のポイントは?

アロマオイルは種類によって効果に違いが見られます。美肌目的に使用する際には肌に直接効果をもたらすものをメインにしつつ、リラックス作用など精神面にも効果をもたらすものをうまく組み合わせていくのがオススメです。現代人の肌はストレスなど精神面の影響でトラブルを抱えることも多いからです。

40代では乾燥や炎症の改善効果に合わせてアロマを選ぶ

40代基礎化粧品アロマと美肌

この点を踏まえたうえで美肌効果が期待できるアロマの香りの種類を見てみましょう。まず多くの女性の悩みとなっている乾燥肌の改善効果ではフランキンセンス、ローズウッド、ローズオットー、カモミール・ローマン、ゼラニウムなどが挙げられます。これらの精油は肌の悩みを抱えるほとんどの女性にオススメでしょう。

 

乾燥肌が悪化したり、誤ったスキンケアなどで肌荒れ、炎症を起こしてしまっている場合にはカモミール・ジャーマン、ティーツリー、ラベンダーがオススメです。肌荒れの症状や乾燥状況に合わせて先述したアロマオイルとうまく組み合わせて利用してみるとよいでしょう。

アロマにはターンオーバー活性化でたるみやくすみの改善効果がある

40代基礎化粧品アロマと美肌

肌表面ではなく内面に効果をもたらすタイプでは新陳代謝を活性化させるタイプもあります。肌のターンオーバーが活性化すればくすみやたるみの改善にも役立つほか、むくみの改善効果も期待できます。新陳代謝の活性化が期待できるアロマオイルではレモンやサイプレス、ジュニパーなどが代表格として挙げられます。レモン以外はあまり馴染みのない種類なのであらかじめ特徴をよく調べておくとよいでしょう。

 

こうしたアロマの香りの使い方ですが、もっとも簡単なのは普通に香りを楽しむ方法です。アロマキャンドルなら火を灯すだけで香りを楽しめるのでオススメです。それからお湯に混ぜて蒸気を体内に吸入する方法やアロマバスを楽しむ方法もあります。入浴中にアロマオイルで体をマッサージすることで皮膚からアロマの成分を体内に吸収することも可能です。このように、香りを楽しむことをメインとしつつ、うまく精油成分を体内に取り込む使い方も意識してみるとよいでしょう